北九州地区高校野球OB大会 − 目的/大会規則等

2018年度第38回大会の組合せ決定

2018年度第38回大会は、8月11/12日と8月18/19日に大谷球場にて開催されます。
詳しくは、「2018年第38回大会」のページをご覧ください。

北九州地区高校野球OB大会の目的

OB野球大会を発展向上させ、各学校OBの団結と友情を保ち、高校野球の発展と青少年の健全な育成に寄与する。

参加チーム

門司、九州国際大付、小倉商、常磐、八幡、若松、小倉東、東筑、戸畑、豊国学園、小倉南、小倉工、北筑、戸畑工、小倉、八幡工

主催/共催/後援

主催:北九州地区高等学校OB野球連盟
共催:朝日新聞社、日刊スポーツ新聞西日本
後援:北九州市、北九州市教育委員会、KBC九州朝日放送

大会規則

イ 出場選手は全て、その学校の野球部OBであること。
ロ 出場選手は20代3名、30代3名、40代以上3名とする。
ハ 試合はトーナメントとし、2時間を越えて新しいイニングには入らない。
   同点の場合はジャンケンで勝敗を決める。
二 投手は35歳以上とする。
ホ 社会人野球、大学野球の現役選手及びプロ野球在籍者は出場できない。
へ 登録人員は、責任者(総監督)1名、監督1名、コーチ2名、マネージャー1名、
   選手65名以内、計70名以内とする。
ト ユニホームは同一チーム同じものとする。
チ 試合出場者は年令により色別表示をつけておくこと。
  (20代青色、30代黄色、40代以上赤色)
り 試合中、打者及び走者は必ずヘルメット着用のこと。
  捕手が守備についているときは、捕手の防護用のヘルメットを着用すること。
ヌ 試合出場者は届出た背番号をつけること。
ル 20歳未満のOBは20代扱いとする。
ヲ その他は、その年の公認野球規則により運営する。